「となりのビストロ」あまよっと横丁 アットホームなのに料理は超本格的

ユニークな飲食店街「あまよっと横丁」内にある、ビストロ酒場「となりのビストロ」の紹介。

「あまよっと横丁」とは、2018年9月に富山市総曲輪にオープンした、7店舗すべてが貨物運搬用のコンテナを店舗にしている飲食店街。

焼き鳥や焼き肉、おでん屋、バーなど様々の食を一度に楽しめることから、オープン以来人気を集めている。

7店舗の中でも「となりのビストロ」は私の一押しなので、ぜひ訪れてみてください。

おすすめポイント

  • アットホームなのに料理は超本格的

となりのビストロの評価

おすすめ★★★★★
コスパ★★★★☆
SNS映え★★★★☆
雰囲気★★★★☆

となりのビストロの営業時間・場所

営業時間
18:00~ラスト
定休日
不定休
場所

となりのビストロとは

イタリアン、フレンチをベースに置きながらも、「和」「中」「エスニック」などの要素を気ままに取り入れる、ジャンルレスなビストロ的酒場。

一軒目に利用しても満足できる料理のラインナップで、二・三次会でも軽いおつまみや〆のパスタを楽しめる。

営業時間が朝までということもあり、たっぷり料理とお酒を味わいたい時にはぴったりのお店。

となりのビストロの店内

15平方メートルほどの店内には、カウンターに10席が並ぶ。

狭い店内を上手く活用するため、天井にはグラス、カウンターテーブルには調味料やお酒のボトルが所狭しと並ぶ。

となりのビストロのメニュー

お通しのゆで卵

ゆで加減のちょうど良い卵は、クリーミーなマヨネーズソースがかかり、ほんのり胡椒が効く。

チー盛り(980円)

見た目、食感、味わいがそれぞれ異なる4種類のチーズを食べ比べできるセット。

ピスタチオやはちみつをディップすることで、さらに異なる味を楽しむこともできる。

3本のソーセージ(980円)

極太のソーセージは肉の旨みたっぷりで、噛むとジューシーな脂がじゅわっとあふれてくる。

アヒージョ しらす×あおさ海苔(680円)

磯の風味豊かなしらすと、あおさ海苔。

あっさり塩味とカリカリバケットとの相性も抜群。

竹炭ピザ 4種のチーズ×練乳(820円)

見た目はかなりインパクトあるが、薄めの生地はカリカリで食感良く、チーズの旨みがしっかり感じられる。

ソースの練乳はチーズとの相性抜群で、ミルキーな味わいに思わずうっとり。

チーズ豆腐(580円)

大豆の香りが一切せず、ナチュラルな味。

舌触りが非常に滑らかで、新感覚のデザートのよう。

ピスタチオが良いアクセントになり、気付けばあっという間に完食する美味しさ。

IMG_0351

イタリア産コッパハム(540円)

肉の旨みと塩気のバランスが絶秒で、ワインと一緒に食べると抜群の美味さ。

平日の20時まで入店すると、生ハムの食べ放題(60分500円)もオーダーできる。

IMG_0310

となりのビストロの感想

最初は狭さに驚くかもしれないが、コンパクトさを逆に生かし、個性をたっぷり込めた店づくりをしている「となりのビストロ」。

店主とお客さんとの距離が近いので、店主や隣の人と会話しやすく、帰る頃にはアットホームな空間に居心地の良さを感じられた。

アットホームでありながらも、料理のレベルが非常に高く、お酒も一通り揃っているので、期待以上に満足できるお店。

あまよっと横丁にまだ足を運んでない方は、「となりのビストロ」からぜひ開拓してみては?