「黄色い長ぐつ」高岡の大人の隠れ家的カフェ 幾重にも重なる豪華海鮮ちらし

高岡市山町筋にあるカフェ「黄色い長ぐつ」の紹介。

2019年11月にオープンした大人の隠れ家的カフェでは、台湾茶や海鮮ちらしを楽しめます。

氷見の新鮮な魚を使用した「海鮮ちらし」は、幾重にもネタが重なり、かなり豪華で絶品。(土・日・祝日のみ、1日10食限定)

山町筋のお散歩ついでに、ぜひ訪れてみてください。

おすすめポイント

  • ネタが幾重にも重なる豪華海鮮ちらし
  • 歴史情緒あふれるまちの大人の隠れ家的カフェ

黄色い長ぐつの評価

おすすめ★★★★☆
コスパ★★★★☆
SNS映え★★★☆☆
雰囲気★★★★☆

黄色い長ぐつの営業時間・場所

営業時間
11:00~17:00
※土・日・祝日は11:30~
定休日
火・水・木曜
場所

高岡山町筋に佇む大人の隠れ家的カフェ

歴史情緒あふれる山町筋にオープンした「黄色い長ぐつ」では、県内では珍しい台湾茶を味わえます。

お店で提供される台湾茶や茶器は、台湾茶の奥深さに魅了された店主が直接現地で買い付けたもの。

店主こだわりの茶器を眺めながら、台湾茶の魅力である「煎を重ねるごとに変化する味や香り」をゆっくりと楽しんでみてください。

希少な台湾珈琲や日替わりのお粥も楽しめる

台湾といえば「台湾茶」が有名ですが、1年を通して温暖な気候が続く台湾では、実はコーヒー豆も生産されており、ここ数年コーヒー文化が盛り上がりを見せています。

ただ、コーヒー豆は台湾中南部の限られた地域のみで栽培されており、生産量が少なく希少価値が高いのが特徴。


「黄色い長ぐつ」では、そんな希少な台湾珈琲を「本日の台湾コーヒー(1,000円〜1,200円)」として提供。

台湾珈琲はビーカーや試験管に入れて提供されるので、同じコーヒー豆でもホットとアイスの味の違いを楽しむことができます。


小腹が空いた時には、台湾茶とも相性が良いヘルシーな「本日のお粥(500円)」もおすすめ。

氷見の煮干しや骨付きチキンの出汁など、日によって異なる具材を楽しめるのも魅力です。

氷見の新鮮な魚を使用した豪華海鮮ちらし

一番の魅力はなんといっても、氷見・松本魚問屋の新鮮な魚を使用した「海鮮ちらし(1,650円)」。

ただし、土・日・祝日の1日限定10食なので、事前予約またはオープンめがけて訪れるのが無難です。

まず最初に提供されるのが「ホタルイカの塩麹漬け」。

ホタルイカの肝の旨みがしっかり引き出され、何匹でもバクバク食べられる美味しさ。

海鮮ちらしは見た目の豪華さはもちろん、幾重にも重なるネタは身が引き締まり、脂のノリもちょうど良いです。


鯛のあら汁はシンプルでありながらも、魚の旨みがギュッと詰まっています。

食後の口直しとして、氷見の稲積梅でつくる梅干し、そば茶も楽しめます。

黄色い長ぐつの感想

台湾の魅力と豪華海鮮ちらしを堪能できる、大人の隠れ家的カフェ「黄色い長ぐつ」。

落ち着いた居心地の良い店内で、県内では珍しい台湾茶や台湾珈琲を体験できる貴重なお店です。

台湾に興味のある方・海鮮ちらしが好きな方は、山町筋のお散歩ついでにぜひ訪れてみてください。